バルーンカテーテルおよびその製造方法

Balloon catheter and its manufacturing method

Abstract

【課題】加熱効率が良く焼灼が可能な温度になるまでの時間が短くて済むととともに、焼灼することを希望する部位以外の部位まで焼灼してしまうことを良好に防止することができる新規なバルーンカテーテルを提供すること、また、そのようなバルーンカテーテルを簡単に製造することを実現する新規なバルーンカテーテルの製造方法を提供すること。 【解決手段】カテーテルシャフトと該カテーテルシャフト先端部の近傍に固定されたバルーンとからなり、該バルーン内部には加熱手段と、前記カテーテルシャフト内には該バルーン内部に開口部を有するルーメンを有するバルーンカテーテルにおいて、該バルーン内部を前部空間と後部空間とに分割するとともにカテーテルシャフトが貫通する隔膜を設け、かつ、前記加熱手段は前記前部空間と後部空間の、いずれか一かあるいは双方に配されているバルーンカテーテル。 【選択図】図1
<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a novel balloon catheter having a high heating efficiency, shortening a time for raising to a cauterizable temperature and favorably preventing the cauterization of parts excluding a site to be cauterized and to provide a novel manufacturing method of the balloon catheter simply manufacturing the same balloon catheter. <P>SOLUTION: This balloon catheter comprises a catheter shaft, and a balloon fixed to the adjacency of the catheter shaft distal end; and is provided with a heating means inside the balloon and a lumen having an opening inside the balloon, in the catheter shaft. The inside of the balloon is divided into a front space and a rear space and has a diaphragm where the catheter shaft penetrates; and the heating means is disposed in either one or both of the front space and the rear space. <P>COPYRIGHT: (C)2006,JPO&NCIPI

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (1)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle
    JP-4988044-B2August 01, 2012有限会社日本エレクテルバルーンカテーテルシステム